お口の知識

引き金を引くのは歯周病細菌

 

お口のことは歯科で

体のことは医科で

と分けて考えていませんか?

一見関係なさそうですが、実は深い繋がりがあります。

歯周病の治療は、全身の健康維持のために必要不可欠です!

 

 

歯肉から血が出てくるのは、お口からの歯周病助けて!のサインです。

歯周病により炎症を起こしているところは、傷口です。

血管が見えているのと同じです。

傷口から歯周病菌が血管に入り込むと、血液と共に全身に巡ります。

そして、全身に症状が出てしまうのです。

 

 

<糖尿病>

糖尿病が進行すると血糖値が高くなり、細菌に対する抵抗力の低下や血流が悪いため、歯周病が悪化しやすくなります。反対に歯周病が悪化すると、血糖値を下げるインスリンの働きを悪くする物質が増加するため、糖尿病が進行してしまう悪循環の関係です。つまり、歯周病の治療を進めると、糖尿病の改善に繋がります。

 


<心疾患>

歯周病菌が血管内に入り込むと、血管が狭くなり詰まらせやすくします。

 

 

<肺炎>

誤嚥により、歯周病菌が肺に入り込むと、肺炎を起こします。

 

 

<早期・低体重児出産>

妊娠中は、ホルモンの変化などにより歯肉に炎症が出やすくなります。

歯周病菌が子宮に陣痛のような働きをするため、早産しやすくなります。

 

 

 

”口は命の入口 心の出口”

口(歯)は、生まれてから老年期まで生きる力を与えてくれる健康の原点です。

一緒に健康で『口福』な毎日を過ごしましょう!




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

歯肉からの SOS | 歯周病

”歯周病” 一度は聞いたことがあると思います。

字の通り ”歯の周りの病気” です。

高齢になってからかかるもの なんて考えていませんか?

それは、手遅れになり歯を失ってしまうかもしれません。

 

 

風邪のウイルスが体内に入り込むと、発熱や鼻水、咳などの症状が出ますよね。

みなさん内科へ行くと思います。

頭から血が出た!病院へ行きますよね。

歯磨きの後に血が出た…歯医者へ行っていますか?

なぜか、お口の中のことになると気にならない人が多いです。

これは、歯周病の症状のひとつです。

放っておいて治る病気ではありません。

 

 

歯周病の原因は、歯周病細菌です。

細菌は、バイオフィルムと言われるバリアを作り、生きやすい環境を作り繁殖します。

歯肉に炎症が起こると、歯と歯肉の境目に歯周ポケットと言われる溝ができます。

ポケットの奥に細菌が溜まると、深いところで炎症が起きます。

さらに細菌は歯を支えている骨に近づき、炎症から逃げようとして、骨を下げて吸収してしまいます。

歯周病細菌はうがいで落とせるものではなく、歯ブラシで落としきれないので、歯科医院で落とす必要があります。

 

 

歯科医院できれいにしてもらったから安心!ということではなく、一番大切なのはご自宅での歯磨きと定期検診です。

また細菌を溜め込んでしまうと再発してしまいます。

一緒に歯磨きの練習をして、歯を守っていきましょう!

 




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

正しい舌の位置

正しい舌の位置は…

皆さんはお口を閉じた時、舌の位置はどこにありますか?

もし下の前歯の裏側についている場合は舌が下がっています。

口を閉じた時に上顎の粘膜にべったりついている状態が正しい位置です。

舌筋は、加齢による衰えが気になる顎や頬、首まわりの動きなどにも関わってくる筋肉です。

老化で筋肉が衰えてくると、上をおおている皮膚が支えられず血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まり、

たるみやしわの原因になるのです。

「あいうべ体操」は顔全体の筋肉が使われるため、新陳代謝や血流が良くなりその結果顔の色ツヤもよくなり

表情が豊かになります。

口輪筋(口の周りの筋肉)はさまざまな表情筋につながる筋肉です。

口輪筋を動かすだけで頬や目の周り、おでこの筋肉までも活発に動かす事ができます。

是非「あいうべ体操」をやってみて下さい。

口輪筋を鍛えよう!をご覧になってください。

 

植村歯科医院ホームページはこちら

https://uemura-shika.com/




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

動脈硬化と歯周病

動脈硬化とは・・・

動脈の内側で血液中の脂肪や白血球などが粥状にくっついて溜まり、血管が硬く狭くなることです。

溜まったものが壊れると血栓をつくり、完全に血管を塞いでしまうことがあります。

冠動脈で起これば心臓発作、脳で起これば脳卒中で、がんに次ぐ日本人の死因第2位です。

最近は、歯周病と全身疾患との関係性についてさまざまな研究が行われています。

動脈硬化を起こした血管から歯周病菌が見つかったという報告もあります。

全身の健康のためにもお口を綺麗にする事はとても大切ですね。

歯周病予防・治療についてはこちらをご覧ください。

 

ご予約はこちらからお願いします。

https://uemura-shika.com




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

細菌が原因の感染症

口腔2大疾患である「むし歯」と「歯周病」は、細菌が原因の感染症です。

口腔内のバイオフィルムの中には無数の 歯周病菌が潜んでいます。

よって、口腔内に溜まったバイオフィルム、プラークを分解洗浄・除菌し、口腔内を清潔に保つことが大切です.

当院は、全ての患者さんにおいて、 殺菌水で洗口を洗って口腔内の細菌 を減らしてから治療を始めます。

殺菌水は小さいお子さまや、妊婦さん、 高齢の方でも安心して使用する事ができます

特にご高齢の方は身体の免疫力が低下している状態で口腔内が汚れていると誤嚥性肺炎のリスクが高まるのでお口の中や入れ歯を綺麗にする事が大切です。

当院の殺菌水は、ご自宅でのホームケアでも使用する事ができます。

口は、命の入り口、健康の入り口です。

綺麗なお口で会話を楽しみ、健康なお口で美味しいお食事を 楽しんで頂きたいです。

毎日のケアでお口を健康にして 元気な毎日を過ごしていけるよう植村歯科医院がお手伝いします。

当院の虫歯治療についてはコチラを、歯周病治療についてはコチラをご覧ください。

ご予約はこちらからお願いします。

https://uemura-shika.com




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

妊娠期と歯周病

妊娠期と歯周病の関係

女性は生涯ホルモンの変動期があります。

プロゲステロンとエストロゲンというホルモンがありますが妊娠すると、胎児の発育にともないプロゲステロンとエストロゲンが産出され、これらのホルモンは歯肉溝内での濃度も上昇します。

この為、ごく少量のプラークや歯石の付着にも反応してしまうため、著しい歯肉炎の症状が出てしまいます

妊娠中の喫煙や大量の飲酒などは、早産児や低体重児出産の可能性が高くなるのは皆さんご存知だと思いますが、胎児の健康を損なわせるリスクのひとつとして歯周病も関与する事が分かってきました!

妊婦健診で自覚症状のないむし歯や歯周病を早期に発見できます。

船橋市では妊婦さん向けの無料歯科検診も受診できます。

詳細はこちらをご覧ください。

プロフェッショナルケアで、口腔内環境を清潔に保ちましょう

 




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

口臭予防

こんにちは

今日は「口臭」のお話しです。

口臭には、

  • 生理的口臭:寝起きや空腹時、ストレスなどの生理的な理由や加齢によって発生するもの
  • 病的口臭:口の中や体の病気に由来するもの
  • 外的口臭:ニンニクやネギなどニオイが強い食品を食べたり、喫煙した時に発生するもの
  • 心因性口臭:本人が口臭があると感じるが、実際には認められないもの

この4つに分けられます。

生理的口臭や病的口臭の発生原因は、その約8割以上がお口の中にあるといわれています。

これらを予防する為には、お口の中の汚れや細菌を少なくすることが大切です。

歯科には痛みがある時だけ行くというイメージがあると思いますが、痛みがなくてもお口の中のメインテナンスを受ける事で口臭や歯周病やむし歯の予防につながります。

また、定期検診を受ける事によって大きなトラブルがおきにくいお口の中を維持する事にもつながります。

口臭は自分では気がつきにくいものです。

快適な日常生活をおくる為にも是非、歯科医院によるケアをプラスして頂きたいと思います。

本日もありがとうございました。




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

唾液の働き

こんにちは。

今回は唾液の働きのお話しです。

唾液の働きとは…

食物をながしたりするだけでなく、お口の中のバクテリア(細菌)を殺菌し、感染を防御して、お口の健康を守っています。

人にとって、唾液はとっても重要な存在なんです!

唾液が少なくなると・・・・

  • むし歯や歯周病になりやすくなります
  • 口内炎などの粘膜トラブルや口臭がでるようになる
  • 口の中がネバネバする、ヒリヒリして痛くなる
  • 入れ歯がすれて痛くなったり、入れ歯が合わなくなったりします

よく噛んで食べる事で唾液の分泌を促進する効果もあります。

本日もありがとうございました。




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

自分に合ったブラッシング方法

こんにちは!

今回は歯のブラッシング方法についてお伝えします。

年齢とともにお口の中は変化していきます。

磨き残しがある状態でいくらいい歯磨き粉や洗口剤を使用しても効果が発揮されません。

自己流の磨き方や癖を改善するだけで歯ぐきの炎症が改善される事もあります。

また、忙しくゆっくり磨く時間が無い方は1日1回でもゆっくり磨く時間を作る事で口腔内が改善される事もあります。

本来唾液にはお口の中を清潔に保つ機能がありますが、就寝中は唾液の分量も減る為、就寝前の歯磨きは大切です。

毎日の生活習慣が身体を作っているので、お口も同じ様に考えて頂きたいです

歯周病は生活習慣病の1つなので、こういった部分を見つめなおす事も歯周病やむし歯予防には大切です。

歯磨きはついゴシゴシ磨いたり、忙しい合い間に磨きがちです。

歯磨きは、お口の中の沢山の細菌と闘う治療でもあります。

ご自分にあった歯ブラシとお手入れの仕方でお口を健康にしてきましょう!

素敵な一日をお過ごしください。




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000



お口の知識

口輪筋を鍛えよう!

こんにちは!

今回は、口唇の周りの筋肉である「口輪筋」のお話しです。

口輪筋は、唇の周囲を取り囲む筋肉の事で、唇を閉じたり、すぼめたりする時に使いますが、普段意識して動かす事が少なく、加齢とともに衰えてしまいます。口角が下がってくるのもそのせいです。

また、たくさんの表情筋が口輪筋から放射状に伸びており、口輪筋が弱くなると、周囲の表情筋もあまり動かなくなり表情が乏しくなります。

顔には、24種類の表情筋が分布し、表情を作っています。

表情筋は、いわば顔の土台です。

また、口輪筋の衰えは、物をうまく飲み込めない、発音が聞き取りにくいなどの原因になったりします。

また、唇をしっかり閉じていられなくなり口で呼吸をするようになったりします。

口輪筋を鍛えるには、「あいうべ」体操 がおすすめです。

先日、定期検診で訪れた口呼吸の患者さんも3か月ぶりにお会いしたら鼻呼吸にかわっていました

すごいですね!

お口の中も潤い、むし歯と歯周病のリスクも減っていい事づくしです。

アレルギーや様々な病気の予防にもなるので本当に嬉しかったです。

では「あいうべ」体操のやり方です。

「あー」と口を大きく開く

 

「いー」と口を大きく横に開く

 

「うー」と口を強く前に突き出す

「べー」と舌を突き出して下に伸ばす

 

時間にして1セットが5秒位です。

目標は、30セットです。

初めのうちは、舌が痛いかもしれませんがそれは筋肉の衰えです。

続けるうちに痛みは減ってきます。

POIC(ポイック)ウォーターで毎日20秒洗口している方達もちょっと強く洗口する事で口輪筋を鍛えていますね

本日もありがとうございました(^?^)/?

素敵な一日をお過ごしください




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000