スタッフブログ

人はなぜ歯を磨くのか?

みなさんこんにちは✳︎✴︎★☆

高根木戸・高根公団の歯医者
植村歯科医院です。

 

日本には数多くの迷信が存在しています。

私も歯科医院に勤めながら
色々なお話を聞くことがあります。

その中でいつも腑に落ちないな・・
ということがあるのですが

「歳をとれば歯はなくなる」という迷信から

諦めている方が多いことです。

実はこの、いつのまにか作られた迷信に
95%以上の日本人が
翻弄され続けているのです。

むし歯や歯周病は
細菌感染症であり
発症には原因があります。

それは、お口の中にある細菌同士が
絡み合って集落をつくり
歯面にフィルム状の膜をはること。
これが細菌のかたまり
バイオフィルムです。

このバイオフィルムが存在する歯の箇所が
むし歯や歯周病になりやすいと分かったのです。

バイオフィルムができやすい箇所は

歯と歯の隙間

下の歯の舌側

歯並びが悪いところ

被せ物や詰め物が入っているところ

矯正装置がついているところ

となります。

このバイオフィルムをいかに
お口の中に作らせないか

ということが
歯の寿命に関わってきてしまうのです。

 

では、具体的にどうしたらいいのか・・・?

 

残念ながら
歯ブラシだけでは
バイオフィルムを破壊し、除去することは
できないのです。。。。

 

歯ブラシの届かない部位に潜むバイオフィルムには
【フロス】を使用することが大切です。

そしてここに
歯を磨くという本質があるのだと思います。

大体の方は
なぜ歯を磨くのか?と聞くと
むし歯にならない為
歯を守る為
と答えると思います。

しかし
歯を磨く
ということの本質は
細菌のかたまりである
バイオフィルムを破壊し歯を守るということなのです。

「歳をとったら歯は失うもの」
と諦めてしまうのではなく

人生はバイオフィルムとの永遠の戦いなのです。

 

その認識を持てるかで
歯の寿命は変わってくると思います。

そして
正しい道具を正しく使う
ということもとても大切ですので
歯医者さんに相談してみてください。
きっとお口にあったものを
紹介してくれると思います。

 

最後になりますが・・・

【服はワンシーズン 歯はオールシーズン】

服は着替えることが出来ます。
髪の毛だって切っても生えてきます。
歯は削ってしまえば元に戻りません。。。

この先の人生を
美しく輝く歯と健康的なピンクな歯ぐきで過ごせるように
是非、少し認識を変えてみてください😃

 

 




【入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】

お口のお悩みご相談ください

植村歯科医院 (船橋市 高根木戸・高根公団)

植村歯科医院ホームページ▶︎▷▶︎https://uemura-shika.com/

植村歯科医院入れ歯サイト▶︎▷▶︎https://www.uemura-ireba.com/

☎️047-463-9000